相談事例

ご相談内容

最近、取引のあるネット証券から円貨建債券の案内がメールにて届きました。
円貨建債券なのに利率が高く、中には利率が年10%を超えるものもあります。
しかし他社株転換条項付や説明欄をよく見ると難しい単語が多く、通常の円建て債券とは違うということはわかるのですが、利率が高いので気になっています。
どのような内容なのか相談することは可能ですか?

回答

この度はアセット・コンシェルジュへお申込みいただきまして誠にありがとうございます。

お話の内容から察するに仕組債ではないかと思います。

加藤 侑 回答IFA 加藤 侑

仕組債は名前の通り一般的な債券にはみられないような特別な「仕組み」を持つ債券です。

内容が複雑な債券であることと、債券によって内容が全く異なるため、一概にこうですと言えません。

よくある仕組債は特定の銘柄の株価や指数等が一定の水準以上であれば高い利率が適用されますが、反対に一定の水準以下であれば低い金利が適用されたり、場合によっては株価や指数等が下落した分損失が発生するという内容が多いです。

そのため株式等と違って利益が債券からの利息のみであることが多く、どんなに株価や指数が上昇してもあらかじめ定められた利率しかもらうことが出来ないことが多いですが、最大損失は株式等と同じであるため投資家が一方的に不利になるような気がします。しかし損失については株価や指数等が下落したとしても一定水準の範囲内であれば損失が出ないという内容であることが多いため、参照株価や指数等が大きく下落も上昇もすることないと想定する場合には仕組債を保有することが有利となる場合が多いです。

いずれにしても、仕組債は商品によって内容が大きく異なるため、少しでも不明な点がある場合は問い合わせなどをしてご自身が納得された場合にのみ投資されることを心がけてください。

一覧へ戻るトップページへ戻る
メールで相談する 電話で相談する WEB会議で相談する 直接会って相談する